CarAudio Meeting in EAST2015 2タイトル優勝!

2015年12月に行われた、CarAudio Meeting in EAST2015で、SQクラスA-2クラス、評論家先生のクラスダブル優勝いたしました。

MSTのハイエンドカーオーディオデモカーのご紹介

当社、カーオーディオ事業を行うMobile Sound Technology(モービルサウンドテクノロジー) では、取付やセッティング技術を凝縮したハイエンドカーオーディオ搭載のデモカーをご準備しております。 高級カーオーディオをしっかりと車内でお楽しみいただけるように、日々研究を重ねドアの作りやツイーター、スコーカーの取付角度、アンプ、プロセッサーのセッティング、各種ケーブルのセッティングまであらゆる観点から音質の向上を目指し制作した車両です。デモカーだから特別なことをしているわけではなく、日々作業させていただくお客様のお車と基本コンセプトは同様です。カーオーディオシステムをご検討中のお客様はぜひ当店のデモカーを参考にしていただきご検討いただければと思います。

システムの紹介

スピーカー  :モレル 38th Limited Edtion 3Way
サブウーファー;モレル ULTIMO 10
アンプ    :グランドゼロ REfarence 4XS
プロセッサー :オーディソン BitOne
ヘッドユニット:カロッツエリア RS-D7XⅢ
RCAケーブル : チェルノフ アルティメット、チェルノフ クラシック 、M&M SN-MA5000、オーディオテクニカレグザット

デモカーのポイント

ヘッドユニット

PC071901PC071895 PC071896
PC071900 PC071908 PC071910

ヘッドユニットのカロッツエリアRS-D7XⅢは、本体とディスプレーを分離して取付してあります。デモカーのクラウンアスリートの場合純正デッキのふたが付いておりますが。純正デッキと共存させる為にRS-D7XⅢのディスプレー部分を蓋の部分に埋め込んでおります。埋込加工も、純正のパネルをそのまま生かし、パテや生地で仕上げる事無く精密なパネル加工のみでインストールしております。ヘッドユニット本体は、分離後センターコンソール内へ移設し、センターコンソール全面からCDの挿入が可能となっております。

スピーカー

取付セッティングで技術を要する3Wayシステムですが、インストールの際に左右対称の角度となるようにインストールしております。フロントツイーターは、ピラーに、スコーカーは、ドアへ専用のエンクロージャーを制作してインストール。ドアを閉めたときに2つのスピーカーの角度がぴったりと合う設計です。当店ではスピーカーの埋込に際して、特殊な治具を使い角度と距離の2つのデーターを元に取付を行います。左右で正確な取付を行うことで、プロセッサーによる調整の際に大きなアドバンテージが生まれます。ドアミッドに関してですが、当店では、ドアポケットを潰すことのないインストールを行っております。ドアに設計には、ホームオーディオのスピーカーBOX制作のノウハウを取り入れでユニットのポテンシャルを発揮させます。
純正でリアトレーに装着されているサブウーファーですが、デモカーでは、トランクに専用のシールドボックスを制作してシートの間から直接音を室内へ鳴らしております。インストールする車のシステムに応じて、BOXの素材を使い分けております。

PC071892 PC071888 PC071904

PC071887 PC071885 PC071916

アンプ&RCA&プロセッサー

ハイレゾ音源が、浸透しつつある昨今ですが、当店ではCDやUロスレス音源でしっかりと音を鳴らすことを前提にオーディソンのBitOneをプロセッサーとしてチョイスしております。クラウンなどのマルチスピーカーシステム搭載のオーディオシステムの音声もBitOneを介すことで正確に高音質に再生できます。アンプは、セッティングに幅を持たせるためにA/B級~A級へのバイアスセッティングが可能なグランドゼロのリファレンス4XSを採用しております。RCAケーブルは、チェルノフ アルティメット、チェルノフ クラシック 、M&Mデザイン SN-MA5000、オーディオテクニカ レグザットをケーブルの特性に応じて帯域ごとに使い分けて仕様しております。プロセッサーのセッティングも然ることながら、アンプやケーブルといったアナログ的な調整幅を増やすことで、より理想的な音づくりを実現しております。

PC071922 PC071914

カーオーディオをご検討中のお客様へ

当店では、カーオーディオを楽しんでいただくために、様々なノウハウや技術、データの蓄積の元、お客様のお車へフィードバックしております。ハイエンドクラスの商品で高音質を実現するのは当然ですが、5~10万円台のスピーカーをベースに高音質を追及することも可能です。カーオーディオは製品の性能のみならず、取付技術によって音質が左右されます。インストールを行っている私たちでさえ、取付を改善することで見違えるように音質が良くなった経験があります。Mobile Sound Technologyの技術を生かして、より良いカーオーディオライフをお送りいただければと思います。

システムや取付に関するご相談は、随時メールまたはお電話にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
ご紹介差し上げた当店のデモカーは、随時ご試聴いただけます。ご来店の際は、事前にご予約の上お越しください。

 

 

No tags for this post.

関連記事

  1. ウーハー

Airforce Japan正規取扱店

フルデジタルカーオーディオ取り扱い中!

当社公式facebookサイト


皆様からの「いいね!」心よりお待ちしております。

「株式会社 MST」公式LINEアカウント


当社では、LINEでの情報発信やトークによる各種相談、お見積りお問い合わせも承っております。ぜひお友だち登録していただきカーライフにお役立てください。


・PC版のお客様は下記アイコンから


友だち追加

・スマホのの方は下記のQRコードから

最近の記事 おすすめ記事

Project list