TWピラー埋込加工方法解説!

カーオーディオの醍醐味の一つ、ツイーターのピラー埋込ですが、お店に寄っても作り方がまちまち・・・指南書があるわけでもないので仕方ないですが、MSTのピラーメイクの一例を解説してみたいと思います。

デザインを決める

取付する車両や、スピーカー、視界、完成した時のセッティングのしやすさ、見た目のデザインなど様々な要素を含めてデザインを決めていきます。最もこの時間が一番時間がかかります。

データ作成

MSTでは、カーオーディオの製作にレーザー加工機による材料の切り出しを行っています。時間短縮は勿論、加工精度が格段に上がります。細かい部分が音の善し悪しや仕上がりに直結する場合もあります。

レーザー加工の為のデータ製作

材料切り出しとピラー加工位置確認

レーザー加工したMDFとピラー
罫書き線に併せてピラーをカットしていきます。
車両にピラートリムを仮組み、ボディーとのクリアランスを確認しながら固定していきます。
この段階で、ツイーターの角度も決定していきます。

造形

左右対称に造形していくのに技術が必要ですが、パテを盛りながら格好いいラインを作っていきます。勿論、加工感のない仕上がりを目指し、純正デザインに溶け込むような造形を行います。

全体のデザインを考えながらパテを削り込んでいきます。
割れやハガレを防ぐため、パテの使用量は最小限にとどめます。
反対側も同様に造形、左右見ながら同じように削っていきます。

生地貼り

造形が終わったら、生地を貼り仕上げていきます。生地は、レザー、エクセーヌなど様々ありますがトータルのデザインに合わせて決定します。生地により伸びが違いますので、生地を見据えた造形を行います。

ブラックレザーで張り込んでいきます。ラインの仕上がりは、下地の造形の善し悪しで決まりますが生地の厚みを考慮して造形しておかないとメリハリのないデザインになってしまいます。

取付・完成

車両に取付をして、ツイーターを装着完成です!

作業時間は、おおよそ1〜2日程度で完成です。パテの乾き具合や造形の複雑差によっては若干前後しますがおおよその目安です。
価格は、スタンダードな埋込で45,000円(税別)〜

ピラー埋込の効果

物理的に音の位置が上がりますので、目線の高さに音像ができるようになります。DSPを使用してチューニングしていく際に、音の広がりや、奥行き感の調整の幅が広がります。角度を間違えると、近いスピーカーに音が引っ張られてしまったりしますので注意が必要ですね。

No tags for this post.

関連記事

当社カスタムブランドMST Customs


当社カスタムブランドMST CustomsのHPになります。
エアサス、ホイール、カスタムオーディオなどの情報は随時追加しております。

Airforce Japan正規取扱店

フルデジタルカーオーディオ取り扱い中!

当社公式facebookサイト


皆様からの「いいね!」心よりお待ちしております。

「株式会社 MST」公式LINEアカウント


当社では、LINEでの情報発信やトークによる各種相談、お見積りお問い合わせも承っております。ぜひお友だち登録していただきカーライフにお役立てください。


・PC版のお客様は下記アイコンから


友だち追加

・スマホのの方は下記のQRコードから

最近の記事 おすすめ記事

Project list

カテゴリー